【作例】ズマリット50mm F1.5を買ってみた。【オールドレンズ】

レンズレビュー

初めてのオールドレンズ、ズマリット50㎜ F1.5

最近、初めてオールドレンズを購入してみました。
ズマリットというレンズです。

ズマリット 50㎜ F1.5
これです。
見た目もカッコよく、美しいです!(使用感がかなりありますが・・・)
もともと、ライカのカメラ用レンズなんですが、このレンズは割と安めで中古で7万くらいが相場なようです。

皆さんにもおすすめしたいレンズなので、どうして購入にいたったのか理由を書いてみます。

    1.性能が良すぎないレンズが欲しかった

    2.マニュアルフォーカスレンズを楽しみたかった

    3.汎用性の高いレンズが欲しかった

Summarit 50mm

性能が良すぎないレンズが欲しかった

最近のカメラやレンズは性能がすごく良くて、細部までハッキリクッキリ写せるレンズが多いです。
なので、現代レンズと比べて描写の違いが出やすいオールドレンズがあれば、アクセントとして使えるんじゃないかと思ったんです。
実際、このレンズをα7RⅢという最新鋭のカメラにはめて写すと、解像感があまあまだったりします。
ですが、開放からF2.8くらいまで滲みを伴うふんわりした独特な描写をしてくれます。

Summarit 50mm F1.5

Summarit 50mm 作例

開放で撮ると、虹のフレアが出たり、ぐるぐるボケが出たりします。
最近のレンズだとなかなか見られないですよね!

ズマリット 50mm 虹のフレア

ズマリット 50mm ぐるぐるボケ

ズマリット 50mm ぐるぐるボケ2

個人的にはぐるぐるボケはそんなに好きじゃないですが・・・
少し絞れば消えるし、背景を選べば問題無しです。

また、解像感欲しい時はF4以上に絞るとレンズが変わったかのようにはっきりした描写もしてくれる印象です。

ズマリット オールドレンズ

ズマリット オールドレンズ 風景

マニュアルフォーカスレンズを楽しみたかった

2つめの理由ですが、マニュアルフォーカスを楽しみたかったことがあります。
最初の理由と若干被りますが、最近のカメラは瞳AFだったり便利な機能が多いんですよね。
もっと写真を撮っている感が欲しくて、マニュアルフォーカスレンズを手に入れるのもいいなって思ったんです。

ズマリットの作例

ちょっとピント外した結果、逆に雰囲気あったりすることもありますし、AFでは撮れない写真が出てくるのも魅力です。

汎用性の高いレンズが欲しかった

ライカのMマウントレンズ(Lマウントレンズ)はマウントアダプターを使うことでいろんなカメラで使えるのも魅力です。
自分はサブ機で富士フイルムのX-PRO2を持っているんですが、そちらでも使えるというのが魅力でした。
X-PRO2にはMF用のいいレンズがないため、こういうオールドレンズがあればいいなと思っていました。

Summarit 作例

もちろんα7RⅢにも使えますし、汎用性が高いので、複数マウントのカメラを所有する自分なんかにとってはすごくいいなと。

Summarit 50mm 作例

ズマリットは買ってみて大満足のオールドレンズ

今回、はじめてオールドレンズを購入しましたが、本当に買って良かったと思っています。
これから、ポートレート撮影にも取り入れて、作例がたまったらまた紹介したいと思います。

それではまた。