タグ:GFX50Rが付いている記事一覧


レンズレビュー

海外輸入で5万円程で手に入れたGF50㎜F3.5のポートレート撮影での作例を紹介します。 このレンズ、富士フイルムのGFX用レンズとしては最小最軽量で価格も安いのですが、とても使いやすく写りもいいです。

レンズレビュー

前回、GF110mmについてインプレッションなどを書いてみましたが、今回はこのレンズに興味がある人への何かしらの参考になればと、作例を載せていきます。GFXでポートレート撮りたいって人は、この110㎜と63㎜を揃えておけば困らないんじゃないかなぁと個人的には思います。

レンズレビュー

今日はゆるい内容で恐縮ですが、先日、GFX50R+フィルムシミュレーションACROSSで散歩がてらスナップしてきたので写真を載せます。レンズは先日紹介したGF50㎜F3.5。軽いので、こういうお散歩スナップにはぴったりなレンズです。今回は作例がほとんどですので、ACROSSってこんな感じか~って具合に、ゆるっと見て頂けたら幸いです。

レンズレビュー

軽量な中判ミラーレスカメラ、GFX50Rの特性を活かすため、純正レンズで最小、最軽量のGF50㎜ F3.5を購入したので紹介します。 まだ購入して日が浅いため、今回はポートレートではない作例を紹介していきたいと思います。

カメラレビュー

GFXをだいぶ使い込んでわかったことがあるので、購入を検討している方に参考になればと書きます。 ちょっとネガティブな部分もありますが、心構えとしてどうぞ。

カメラレビュー

富士フイルム中判カメラGFXでのポートレート作例があまりなかったので作例載せてみます。GFXの魅力は色と立体感だと思っています。作例と併せて、フルサイズと比べての利点などについて書いていこうと思います。

レンズレビュー

このレンズを2カ月使ってみて、1点だけ不満をあげるとするなら、明るいレンズなのでしょうがないですが、1050gとちょっと重いことです。 ただ、唯一無二の描写とトレードオフなので、そう考えれば全然我慢できますが! 値段も純正の約半分くらいで買えますからコスパもいいですから贅沢言っちゃいけませんね。

レンズレビュー

GFX用のポートレートレンズ、最初の1本として選んだのは中一光学のSpeedmaster65㎜F1.4でした。純正と比較してこちらを選んだ3つの理由を書きます。

カメラレビュー

GFXを使う前に気になってたことといえば、ポートレート撮影に5140万画素も必要なのかということや、フルサイズ機との明確な差があるのかということでした。そうした疑問に対して、実際に使用してみた自分の所管を書きます。